テンプレートについて

公式テンプレートを元に作成しています。 再配布は禁止ですが、それ以外はご自由にお使い下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

症状3 衝動的行動

【衝動的行動】

周りの人が予想もつかないような衝撃的な行動にでることがあります。

境界性パーソナリティ障害は、感情のコントロールだけでなく、行動のコントロールもうまくできない病気です。

怒りが爆発すると、立場や状況を考えず、衝動的なふるまいに走ることがあります。

物を買いまくったり、深く考えずに異性と交際をしたり、突発的に薬を多量に飲んだりする人もいます。



今は落ち着いていますが、症状が出まくっていた頃私は本当に衝撃的な人間だったと思います。

一番くじというクジを買い占めてみたり、大量服薬したり、上司に直接文句を言ったり…と、例を上げるとキリがないのですが(;´⊇`)

買ったばかりの携帯を真っ二つに折った事もありました。。。笑えませんね。


スポンサーサイト

症状2 二極思考

【二極思考】

ものの考え方が柔軟ではなく、極端に考えをつきつめることがあります。

同じ人だとは思えないような二面性を見せ、この極端な変化に周りの人は困惑します。

自分自身についても、あるときは自信に満ちていますが、何かのきっかけで一転し、自分は生きている価値もないと、低い評価に変わります。

このような極端さの原因は、二極に揺れる考え方にあります。

一般に、人は成長して多くの人と出会い、経験を積むことによってものの見方が広がり、ひとつの物事を多面的にとらえることができるようになります。

しかし、いつも「白か黒か」の二極で考える境界性パーソナリティ障害の人はそうした考え方が苦手です。

そのため、人を敵か味方か、善か悪かで考えてしまい、トラブルを引き起こします。




私も白か黒かはっきりさせたいタイプでした。

グレーがないんです。

だから妥協することはとても難しく、世の中の色々なことをうまく納得できないことが多かったです。


でも今は、グレーをたくさん認めることができるようになりました

そのことによって生きづらさが減っていきました。


グレーというのは私は「無関心でいること」だと考えています。

白か黒かだけで生きていくのはとても疲れることだと、最近わかってきました。

自分の体を休めるためにもグレーは大事なものなんだなと感じています。


     参考にした本↓↓

よくわかる境界性パーソナリティ障害 [ 林直樹 ]

価格:1,470円
(2013/6/20 00:50時点)
感想(4件)




症状1 激しい感情

【自分でも感情をコントロールできない】

怒りなどの激しい感情をコントロールできず爆発してしまいます。

周りの人から見たらたいしたことではなくても、急に怒りを爆発させ、激しく非難したりします。

周りの人は、そうした感情の激しさに驚き、恐れ、動揺させられます。

本人の怒りをしずめようとしても納得させるのは難しいです。

また、身近な人が怒りをぶつけられやすいです。




私もこの症状が出ていました。

今は薬が丁度よい量なようで、落ち着いています。

落ち着くまで、彼氏や家族にとても迷惑をかけてしまいました。

出かける予定があってウキウキしていても、急に機嫌が悪くなり結局出かけないこともありました。

家の中で大声で叫んだり、彼氏と外を歩いてる時に急にイライラして自分の履いてた靴を道端に投げたりしたこともありました。



何も言わなくても私の気持ちをわかってほしい!

という思いがいつもありました。


言わないと誰にも伝わらないということがわかるようになったし、自分の感情を人に言う努力をしました。


でもここまで精神的に落ち着くまで長かったし、辛かったです。


     参考にした本はコチラ↓

よくわかる境界性パーソナリティ障害 [ 林直樹 ]

価格:1,470円
(2013/6/19 01:03時点)
感想(4件)



パーソナリティ障害の本

私は始めはパーソナリティ障害ではありませんでした。


地方から都会へ就職し、慣れない生活や会社のストレスが原因でパニック障害とうつ病を併発しました。

そして、パニック障害とうつ病と闘いながら5年ほど過ぎました。

都会に住むことはやめて、実家に戻って新しい病院に通うことになり(現在通っている病院です)パーソナリティ障害ですと告げられました。

病名が変わってビックリしました。

同時に薬も変わりましたが、今は精神的にかなり安定して過ごせています。


病名が変わったので勉強をしなければと思い購入した本がこれです。

よくわかる境界性パーソナリティ障害 [ 林直樹 ]

価格:1,470円
(2013/6/17 00:38時点)
感想(4件)



症状、対処法、接し方なども具体的に書いてありとても役に立ちました。

パーソナリティ障害の本を探している方がいれば、この本を本当におススメします!!


本の内容と私の症状を照らし合わせて、少しずつパーソナリティ障害について知ってもらいたいと思うので、明日からはしばらくこの病気について書いていこうと思います。



プロフィール

マリ

Author:マリ
はじめまして!マリと申します!何気ないことや趣味の事を書いています。

カテゴリー
最新記事
アマゾン
コメント
アーカイブ
アクセスランキング
楽天ランキング
リンク
カウンター

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。